高齢妊娠

高齢妊娠の難しさ

不妊に悩むカップル

女性の社会進出などにより晩婚化が進む現代では、35才以上の高齢妊娠が増えています。

 

妊娠・出産は、いつでも出来るわけではなく、年齢が高くなるに連れ妊娠するのが難しくなり、出産のリスクも高まります。

 

35才を過ぎますと、卵子機能が低下し妊娠がし難くなったり、妊娠しても流産する率が高くなります。

 

また、卵子染色体の異常率も高くなり、染色体異常のダウン症児が産まれてくる率が高くなってきます。35才では300人に1人、40才になると100人に1人の割合と、年齢が上がるのに比例して、ダウン症児が誕生する率も上がります。

 

高齢妊娠はこうしたさまざまなリスクが伴いますが、無事に赤ちゃんを抱いたときの喜びはより大きいものになるでしょう。

 

健康な赤ちゃんを産むためにも、毎日規則正しい生活を心がけ、きちんとした健康管理をすることが、出産を軽くすることにも繋がります。

 

妊娠中は年齢に関係なく、体重管理が重要です。妊娠高血圧症候群などを回避するためにも、バランスのとれた食事を心がけ、毎日体重測定をするようにしましょう。

 

出産後に赤ちゃんに与える母乳にも影響を与えるのが、妊娠中の食事になりますので、青魚や野菜、海藻などをしっかり摂り、塩分は控えめにすることが大事です。