不妊治療

不妊治療の種類と費用

不妊症とは、男女が避妊せずに通常の夫婦生活をおこなっていても妊娠しない期間が2年以上になるときのことを指します。

 

その場合には不妊治療をおこなうのですが、不妊治療の種類には4種類の方法があります。これらは簡単な方法から試していくようになりますが、段階があがっていくと費用も大きくなってきます。

 

タイミング法

まず最初の段階では、タイミング法がとられます。これは女性の排卵日を予測してその日をもとに性行為をする方法です。しかしこれは妊娠する確率が低く、何年も不妊が続いているカップルには効果的な方法ではありません。

 

人工授精

タイミング法で成果がない場合には人工授精という方法がとられます。これは男性から取り出した精子を、排卵する時期を見計らって女性の体内に入れ受精させます。

 

体外受精

体外受精は排卵前に取り出した卵子と精子を体外で受精させ、体内に戻す方法です。人工授精の妊娠する確率が5〜10%であるのに比べるとこの方法の方が確率は高くなり
ます。費用としては30万円〜50万円かかります。

 

顕微授精

顕微授精は、取り出した卵子に、取り出した一匹の精子を注入して受精した受精卵を体内に戻す方法です。体外受精で効果がない場合におこなわれます。体外受精よりも費用が高くなり、100万円にもなる場合があります。顕微授精は費用は高いですが、妊娠する確率は最も高くなります。